輸入車最新ニュース記事一覧

日本では、自動車整備をすることによって利益を上げるためには整備士という国家資格が必要になります。それを取得するには、高校卒業後に整備士になるための専門学校に通うか、そういった資格を取ることができる高校に通って専門的な知識を得てからでないと資格を取ることができません。そういった整備士になるための専門学校は一般の専門学校もありますが、多くは自動車メーカーが運営することが多くなっています。例えば、日産で...

超高級外国産車といえばロールスロイスやベントレーなどが有名ですが、ドイツにもそういったVIPしか乗れないような超高級車がありました。その名はマイバッハ、車が好きな人でもあまり聞いたことがないと思いますが、もともとはダイムラーのエンジン技師として働いており、メルセデスのエンジンなどを作っていたのですが、その後独立して、超高級車を作るようになりました。その後、ダイムラー・ベンツの子会社となり、高級車の...

MINIといえばイギリスの伝統的な小型モデルというのが今までの考え方でしたがそれは既に終焉を迎えています。現在はドイツの自動車メーカーであるBMWに買収され、BMWの小型モデル部門ということになっています。当然発売されているMINIはイギリス車ではなく、ドイツ車ということになり、呼び方も今までの通称であるローバーミニからBMWミニに変わっています。BMWミニが発売されたのは2001年のことで、ロー...

日本独自のスタイルである軽自動車を除いて、ここ最近の自動車界の流れを見るとすべての流行がアメリカの自動車界の端を発しています。1つはミニバン、ミニバンはもともとアメリカで作られていた大型ワゴンモデルを小さくしたことによって生まれたものです。日本ではバンというと商用バンのことを指しますが、アメリカでは商用バンも日本的にいえばワゴンモデルも「バン」と呼んでいます。そのバンは異常に大きく、まるでマイクロ...

かなり昔に流行ったスーパーカーブームによってたくさんの外国産車が日本でも知られるようになりました。そのほとんどがヨーロッパの車で、イタリアのランボルギーニやフェラーリ、ドイツのBMWやメルセデスベンツなど今では日本人ならだれでも知っているものですが当時はもちろん日本で走っていることも少なく、知名度も全くありませんでした。その中の1台としてポルシェ911あるいは930ターボという車があったのですが、...

イギリスの自動車メーカーからマレーシアの自動車メーカーとなってしまったロータスですが、本拠地は相変わらずイギリスに置かれており、ロータスらしい軽量コンパクトなスポーツモデルを続々と生産しています。ロータスの車の中で今一番ホットなモデルといえばエキシージというモデルです。ロータスが発売するエリーゼをベースとして2000年から作られているエキシージは総重量930kgという軽量なボディとロータスチューン...

フォルクスワーゲンは2015年に今まで6年間設定してこなかったMT車のラインナップを拡充すると発表しました。新しくMT車が設定された車種は、ポロGTI、ゴルフGTI,ゴルフRの3車種になります。MT車は、欧米ではまだまだ需要があるのですが、日本では殆ど需要が無いために設定されることが無くなってきています。そうは言っても、MTの需要はそれなりにあり、そこを狙っているメーカーも実際存在します。ルノー、...

同じクラスの国産車と輸入車とを比べると輸入車の方が高いというのが一般常識になっていいるのではないでしょうか。輸入車に乗っているだけで、ステータスがあるというか、違いがわかるとか、こだわりがあるが故に輸入車に乗っているとか、もっと言うと輸入車に乗るということで社会的地位をアピールするという意味がありました。しかし、最近はこの常識が崩れつつあります。例えば、フォルクスワーゲンジャパンが発表した新しいビ...

発売以来初のフルモデルチェンジVW新型ゴルフトゥーランは、コンパクトミニバンで、基本的な設計をVWの主力車種であるゴルフと共有しているものです。日本にゴルフトゥーランの初代のものが、2004年に導入されました。その後、大きなマイナーチェンジが2007年、2010年に行われています。今回のVW新型ゴルフトゥーランは、デザイン以外に基本的な設計も変更になったモデルで、モジュラートランスバースマトリック...